とんでもない掘り出し物を見つけてしまい、思わず買ってしまいました。



rblog-20180309223537-00.jpg


 お尻周りと腿がかなり太いです。50sの501XXを彷彿させるシルエットです。



rblog-20180309223537-01.jpg


 バックの画像です。






rblog-20180313130014-00.jpg


 ウエスト上部裏ステッチはシングルで、トップボタン横はVステッチです。

 隠しリベットもありますね。スコービルの刻印ありです。

 ボタンは磁石を付けても付かなかったので、鉄製では無かったです。真鍮製でしょうか? この点から50年代の仕様と言えます。





rblog-20180309223537-03.jpg


 バックポケットは一筆縫いです。

 赤タブは右ポケットの内側でなく、左ポケットの外側に付けられてました。ちょっと残念なデティールです。




rblog-20180309223537-04.jpg


 山羊革のパッチがウエストバンドと一緒に一筆縫いされてます。

 ベルトループは後付けでしたね。

でも、黄色とオレンジのレインボーなのも嬉しいです。




rblog-20180309223537-07.jpg


 セルビッジは細めです。赤いラインはかなり薄いピンクで今にも消えそうです。これはオリジナルに近くて嬉しい仕様ですね。殆どのレプリカデニムは真っ赤か濃いピンクでどんなに洗っても濃いままなので。



rblog-20180309223537-06.jpg


 コインポケット裏にも耳が付いてました。





rblog-20180318090454-00.jpg


 生地のアップ画像です。縦線が凄くて、めっちゃ縦落ちしそうです。他の紹介サイトだとシルエットは50年代だけど、生地は30年代の織機を使っていて当時の雰囲気を再現しているらしいです。





rblog-20180318090454-01.jpg


 でも生地を良く見ていると、30年代のコーンミルズを使い出した時代のそれよりもっと古い、20年代のアモスケイグ社時代のデニム(上記の写真)に近そうな気がします。




 色を落としてみないとわからないてすが、縦線の半端なさが凄いので、そんな感じがするのです。






 今、色落ちレポートで、履いているEIGHT-G(エイトジー)ZERO-TF03がもっと色落ちしてレポートが終了したら、これを履き始めたいです。





 その時は、糊落としをするか、リジットのまま履くかは悩みますね😆





rblog-20180309223537-05.jpg


 タグをよく見て下さい。17800円と書いてありますよね。でもあるサイズ限定で下記の値段で買えるのです。




今では買取系の古着屋で新古品で28インチしかありません。サイズの合う方は急いでください😉





 あとはメルカリでも新古品が低価格でチラホラ出てます。検索してみてください。


 応援クリックお願いします😉




スポンサーリンク