今回は、20年前に就活用に買ったロークの靴をお直ししましたので、そのbefore afterをアップしたいと思います。



 当時ABCマートで2万円くらいで買ったと思います。Made in Englandで、グッドイヤーウェルテッド製法で今同じ物を手に入れるとしたら3倍近くなると思います。



 今のロークはMade in Indiaでも3~4万円台で、Made in Englandだと6万円台になります。チーニーもそうですが、ここ10年くらいで英国製の靴の値上がり方は半端無いです。多分インフレ率はNo.1でないでしょうか。




 でも、グッドイヤーの靴はインナーソールのコルクが沈みこんで馴染んで歩きやすいんですね。そこでボロボロになったこの靴をお直しに出してみました。持っていった場所は近所のミスターミニットです。




rblog-20161207085337-00.jpg


 もう磨いて無いので可哀想な感じのオーラですね。





rblog-20161207085337-01.jpg


 靴べらをちゃんと使わないで履くとつま先をケンケンしがちなのでこうなります。つま先がひび割れました。





rblog-20161207085338-02.jpg


 踵もちゃんと靴べらを使わないとこんな感じに壊れてしまいます。



 当時は2万円台だったので、雑な履き方をしていましたが、こんなに値上がりすると分かっていたらもっと大事に履いていたかもです。捨てるのも勿体ないので、ある程度お金がかかってもいいのでお直ししてもらおうと思いました。





rblog-20161207090738-00.jpg


 そして、ミスターミニットに預けて1日後に仕上がったのがこちらです。まるで別物のようにきれいにしてもらえました! ついでに靴紐と結び方も変えてみました。あえて茶色の靴紐でスニーカー結びにしたので、カジュアルにも使えそうですね。イメージはUS Navyのサービスシューズです。






rblog-20161207090738-01.jpg


 つま先もしっかり補強してもらってます。





rblog-20161207090738-02.jpg


 踵は結い直してもらいました。踵のインナーの革生地を足して、もう少し頑丈にする方法もありましたが、今回は応急措置です。





rblog-20161207090738-03.jpg


 そして、磨いてもらったのですが、正に鏡面仕上げですね。スマホとピースサインが写ってるのが分かりますか?






 これだけ綺麗に仕上げてもらって、さぞかし高額なお直し料金だと思われますよね。実は全部で2800円(税抜き)なのです。びっくりですよね! 
 
 内訳は磨き500円、爪先の補強(両方)で1100円、踵の補修(片方)で1200円、合計2800円となるわけです。





rblog-20161207182446-00.jpg


 スーツで合わせた画像です。やっぱり綺麗な靴を履くと気持ちがいいものですね。これからは大事に履きたいと思います。






 応援クリックお願いします😉


ファッションランキングへ


 
スポンサーリンク